起業家が知っておきたい株式投資型クラウドファンディングとは

夢を叶えるクラウドファンディング!でも株式投資型って?

株式投資型の良い点と悪い点について

株式投資型のメリットとデメリットとは?

前のページでは、株式投資型の基本的な流れと、他のクラウドファンディングとの違いについてご紹介いたしました。

次にお話させていただくのは、株式投資型のメリットとデメリットです。

メリットについては、前のページでも少し触れましたが、お金を返済する必要がない点が挙げられます。

融資を受けた分のお金だけでなく、利息をどのくらい払わなければならないかを気にしたり、どうしても返済日のことが気になってしまったり…。
そんな心配をせずに、本来やるべき事業に集中することができるのは、大きなメリットと言えそうです。

また、購入型のような『特典』を用意する必要もないため、投資した側に還元できる物品やサービスがなくても大丈夫というのも魅力です。
(たとえば非常に値段の高い商品で、全員に渡すことはできない場合などは、購入型の『特典』を用意するのも工夫が必要になってきます)

デメリットが大きい点も忘れないで

株式投資型の大きなデメリットは、「そもそも投資してくれる人が集まるかどうかわからない」という点です。

次のページで詳しくご紹介いたしますが、投資をする側としては、当然、損はしたくありません。

そのため、まだあまり実績のない会社や、これから事業を始めようという起業家の方に投資をしてくれるかというと、なかなか難しいところです。

株式投資型クラウドファンディングの仲介サイトに掲載すれば、興味のある人は見てくれることでしょう。

ただ、そこで「この会社に投資しても得にならないかもしれない」と思われてしまうと、投資してくれる人が集まりません。

せっかく募集したのに投資してくれる人が集まらなかった、ということを避けるためには「このビジネスはきっと成功するだろう」と思ってもらえるような説明や根拠などをしっかりと示す必要があります。